ユーザビリティの定義

ウェブページを評価する時に指標としてよく使われるのがユーザビリティです。
耳にする事が多い言葉にも関わらず実はその意味をよく知らないという人が多いというのも、定まった日本語訳がないという事の影響かもしれません。
ユーザビリティは英語表記で表すとなんとなく意味合いが伝わってきます。
“使う”を意味するuseの変形と”できる“を意味するableの変形から構成されていますから直訳すると“使えるもの”という事ができます。

すなわち利用するユーザーからみて使いやすさや使い勝手、または有効性、完成度を言い表す時に使われます。
特にソフトウエアや特定ウエブページを評価する時に用いられます。
確かにユーザーから見て使い勝手の良いページは安心感を与えてくれますから、もう一度訪問してみたい、あるいは使ってみたいと思うに違いありません。
現実世界なら“試供品”やお試し利用という事ができますから、その代替としてユーザビリティを活用するというのは確実な方法であるに違いありません。
訳語として様々な表現が提案されました。
“使い勝手”、“使いやすさ”、“利用性”、“使用性”、“可溶性”、“利用品質”など提案されている中では使い勝手に軍配が上がっていますが、目下カタカナで表記されるのが一般的です。

ユーザビリティがめざしているのは特定ユーザーが特定状況で、特定製品が目標設定に向けて使われる際の有効性や効率、顧客満足度を定義するものとしてISO規格が創設されました。
目下ISO9241-11がユーザビリティの使いやすさを表示する規格として標準化されています。
今回はユーザビリティはサービスを提供する者には欠かせない事についてのお話です。